あいちワーク・ライフ・バランス推進運動 ファミフレあいち:ワークライフバランス情報発信中 ファミフレあいち:ワークライフバランス情報発信中 ファミフレネットあいち
「働き方改革推進フォーラム」の参加者を募集します!(参加費無料)
 愛知県では、企業の皆様に「働き方改革」や「イクボス」の取組を進め、企業成長につなげていただくためのフォーラムを開催します。
 本フォーラムでは、日経DUAL創刊編集長・羽生祥子(はぶさちこ)氏の基調講演を始め、先進的な取組を行っている企業の取組事例紹介等を通じて、働き方改革を前進させるための鍵となる「イクボス式チーム戦略」についてわかりやすくお伝えします。また、本フォーラムにおいて、平成29年度愛知県ファミリー・フレンドリー企業表彰の表彰式を行います。 詳しくはこちらをクリック。
愛知県内一斉ノー残業デー(11月15日)街頭啓発活動 実施
 11月15日(水)午前8時から金山総合駅で大村知事とSKE48のメンバー(チームE鎌田菜月さん、高畑結希さん)も参加して、愛知県内一斉ノー残業デー街頭啓発活動を実施しました。
 知事の「定時で帰るぞ~!」のかけ声を合図に、通勤中の方々に定時退社を呼びかけながら、啓発グッズ(ポケットティッシュ)を配布しました。

金山総合駅
 また、協議会で実施した5か所(※1)に加え、今年度は13市町村(※2)とも連携して街頭啓発活動等を行いました。これらの活動の様子をご紹介します。
※1 金山総合駅、豊橋駅、名鉄一宮駅、東岡崎駅及び近鉄蟹江駅
※2 半田市、豊田市、安城市、大府市、知立市、尾張旭市、岩倉市、日進市、北名古屋市、みよし市、長久手市、東郷町、豊根村

豊橋駅

名鉄一宮駅

東岡崎駅

近鉄蟹江駅
 

知多半田駅

豊田市駅
 

安城駅

大府駅
 

尾張旭駅

岩倉駅
 

米野木駅

西春駅
 

三好ヶ丘駅

長久手古戦場駅
愛知県内一斉ノー残業デー(11月15日)街頭啓発活動
 11月15日の「愛知県内一斉ノー残業デー」の気運を一層盛り上げるため、金山総合駅を始め県内17か所で街頭啓発活動等を実施し、定時退社を呼びかけます。
〈街頭啓発実施場所〉
広報:愛知県内一斉ノー残業デー(11月15日)
  11月15日の「愛知県内一斉ノー残業デー」を広く周知するため、名古屋鉄道ドア横にポスターを掲出しています(10月12日~25日)。
 「県内一斉ノー残業デー」当日は、定時退社して、自己啓発や家族との時間をお過ごしください!
社内活用グッズ
ワーク・ライフ・バランスに関する社内活用グッズがダウンロードできます。ぜひ職場でご活用ください。
■賛同事業所用ポスター


















◀活用方法 例
 左記画像をクリックして
 ダウンロードをお願いします。
 用紙に印刷し、事業所内に掲出をしていただき、
 賛同取組内容の周知等にご活用ください。
■イクメン・イクボス川柳作品



◀活用方法 例
 画像をクリックして
 ダウンロードをお願いします。
 イクメン、イクボスへの理解促進のため
 名刺の裏に印刷したり、
 会社での掲示等にご活用ください。
■あいちワーク・ライフ・バランス2017推進運動賛同事業所(賛同事業所用)









◀活用方法 例
 左記画像をクリックして
 ダウンロードをお願いします。
 あいちワーク・ライフ・バランス推進運動
 事業所の理解促進のため
 名刺の裏に印刷したり、
 会社での掲示等にご活用ください。
■ノー残業デーマーク











◀活用方法 例
 左記画像をクリックして
 ダウンロードをお願いします。
 事業所におけるノー残業デーの日付を明記し
 事業所内の掲示等にご活用ください。
■ミーティングボード





◀活用方法 例
 左記画像をクリックして
 ダウンロードをお願いします。
 用紙に印刷し、ミーティング等で活用し
 目的と終了時間を可視化することで、
 ミーティング効率に役立ててください。
■退社目標




◀活用方法 例
 左記画像をクリックして
 ダウンロードをお願いします。
 用紙に印刷し、クリップ等を使用して
 お使いのPCに固定して活用してください。
 
■定時退社




◀活用方法 例
 左記画像をクリックして
 ダウンロードをお願いします。
 用紙に印刷し、クリップ等を使用して
 お使いのPCに固定して活用してください。
6/30キックオフ街頭啓発活動
 6月30日、栄のクリスタル広場とドコモスマートフォンラウンジ名古屋において、大村知事とNTTドコモ 東海支社長 谷様、OS☆Uキャプテンの清里千聖さん、ひでっちとポインコ兄弟も参加して、キックオフ街頭啓発活動を実施しました。知事の「ワーク・ライフ・バランスを推進するぞ〜!」のかけ声を合図に啓発グッズを配布し、この街頭啓発活動を盛り上げていただきました。
 当日、ワーク・ライフ・バランス実現のための工夫を100人の方にお尋ねしたところ、結果は以下のとおりとなりました。
 みなさんもぜひ、ワーク・ライフ・バランス実現に向けて、できることから取り組んでいきましょう。