イクボス宣言

イクボス宣言

知事始め「あいちワーク・ライフ・バランス推進協議会」構成団体トップが
「人が輝くあいち・イクボス宣言」をしました!

人が輝くあいち・イクボス宣言
イクボス宣言原文と署名を確認する
「人が輝くあいち・イクボス宣言」署名式(平成27年8月25日 愛知県公館)
署名式写真

宣言文に署名後、ご出席の皆様から決意表明をいただき、最後に記念撮影を行いました。

ご署名いただいた皆様(敬称略)
  • 日本労働組合総連合会愛知県連合会会長 土肥和則
  • 愛知県経営者協会会長 清水順三
  • 愛知県商工会議所連合会会長 岡谷篤一
  • 愛知県中小企業団体中央会会長 鶴田欣也
  • 愛知県商工会連合会会長 森田哲夫
  • 愛知労働局長 藤澤勝博
  • 名古屋市長 河村たかし
  • 愛知県知事 大村秀章

 ワーク・ライフ・バランスの推進は、性別や年齢にかかわらず、誰もが、子育てや介護、地域での活動などの時間を大切にしながら生き生きと働き、健康で豊かな生活を送るために必要な取組です。

 そして、また、企業の方々にとりましても、少子高齢化による労働力人口の減少が懸念される中で、人材を最大限に活かし、より良い成果を生み出すために重要な取組であり、子育てや介護などを抱えた方々が、その能力を十分に発揮できるよう、職場環境を整備することは、今後の経営戦略としても不可欠なものです。

 愛知県では、労使団体や他の行政機関等とともに設置した「あいちワーク・ライフ・バランス推進協議会(※1)」において、県内一斉ノー残業デーや職場における育児・介護との両立支援促進など、ワーク・ライフ・バランスの推進に官民一体となって取り組んできました。
 昨年度には協議会のもと、「あいちイクメン応援会議(※2)」を新たに設置し、働きながら育児や家事を積極的に行う男性「イクメン」の普及拡大にも力を注いでいるところです。

 こうした取組を更に前に進めていくためには、経営者を始め職場の上司や管理職の、部下のワーク・ライフ・バランスに対する理解が不可欠です。

 「イクボス(※3)」とは、男女を問わず、部下の仕事と子育て・介護等との両立を応援しながら、組織としての成果も挙げていく経営者や管理職等を指す言葉です。まだ「イクメン」ほど認知度は高くないかもしれませんが、ワーク・ライフ・バランス実現の鍵を握る重要なキーワードです。

 そこで、ワーク・ライフ・バランス推進の気運を更に高めていく契機とするために、知事を始め、協議会を構成する団体のトップが、自ら「イクボス」になって、その普及拡大を図ると宣言したものです。

 このイクボス宣言を機に、県内企業等に「イクボス」を周知し、その拡大に向けて啓発を進めるとともに、ワーク・ライフ・バランスの一層の前進に向けた取組を推進し、誰もが生き生きと働き、活躍できる「人が輝くあいち」の実現を目指していきます。

※1 「あいちワーク・ライフ・バランス推進協議会」は、労働団体、経済団体、愛知県を含めた行政等で構成し、官民一体となってワーク・ライフ・バランスの推進に取り組んでいます。
※2 「あいちイクメン応援会議」は、労働団体、経済団体、企業、有識者等で構成し、働きながら育児等を積極的に行う男性(イクメン)の普及拡大に向け、イクメンを応援する様々な事業に取り組んでいます。
※3 「イクボス」とは、部下のワーク・ライフ・バランスを考慮し、そのキャリアと人生を応援しながら、組織としても成果を上げ、自らも仕事と私生活を充実させている上司・管理職・経営者(男性・女性を問わず)のことをいいます。

ページの上部へ戻る