イクメン・イクボス応援リレーメッセージ

イクメン・イクボス応援リレーメッセージ

イクメン・イクボス応援リレーメッセージ > 連合愛知(日本労働組合総連合会愛知県連合会) 会長 土肥和則
平成29年3月
連合愛知(日本労働組合総連合会愛知県連合会) 会長 土肥 和則

連合愛知(日本労働組合総連合会愛知県連合会) 会長 土肥和則

私たち連合愛知は、県下54万人の働く者で構成する労働組合です。

連合愛知では、男女がともに働きやすく暮らしやすい「男女平等参画社会」の実現のため、社会全体および労働組合自身の男女平等参画の推進を目的に男女平等参画推進計画である「ACTION PLAN AICHI‐Ⅲ」を策定しました。この計画は3つの目標を掲げています。

この目標を実現するには、誰もが働きやすい職場づくりやワーク・ライフ・バランスの推進が必要です。それにはまず、トップのリーダーシップのもとに上司の理解が必要不可欠となります。いくら良い制度があってもそれを行使できない職場では“働きやすい”とは言えません。また、女性が社会活躍するためには、男女の役割意識の改革や男性の長時間労働の是正などが必要となります。こうした中で部下の子育て等への理解やワーク・ライフ・バランスの取れた上司やトップは必要不可欠となります。パタハラ(パタニティー・ハラスメント)という言葉があるように、残念ではありますが、男性が育児参加することに対し、職場の上司や同僚が侵害する言動をしてしまう現状があります。

連合愛知ではこのような現状を改善するために組織の管理者の意識改革などを目的とするイクメン・イクボスセミナーなど開催しています。また、職場の後押しがあり育児休暇を取得した男性組合員に講話をしていただき男性の育児参加の推進にむけた取り組みも行っています。

これらの取り組みを踏まえて、将来的には「男女平等参画社会」や育児等が、法や制度ではなく、一人ひとりが自然に行える社会を創りたいと思っています。

ページの上部へ戻る