取組事例

取組事例

  1. トップページ>
  2. 取組事例

あいちワーク・ライフ・バランス推進運動に賛同している事業所の取組事例を紹介します。
過去に紹介した取組事例(3年分)も掲載しておりますので参考にご覧ください。

  • 2021年度
  • 2020年度
  • 2019年度
  • 2018年度
  • 有限会社 有松塗工店

    有限会社 有松塗工店

    新型コロナウィルス感染症予防として、従業員はもちろんご来店いただいたお客様にもマスク着用及びアルコール消毒・検温をしていただいています。その他、換気のために常時窓を開放し、CO2センサーを設置して部屋の空気の入れ替えができているかどうかを確認しています。

  • 社会福祉法人 名古屋ライトハウス

    社会福祉法人 名古屋ライトハウス

    男性の出生時育児休業の周知・意向確認義務化に先駆け、取得しやすい雰囲気を醸成するため、実際に育休を取得した男性職員にインタビューを行い、課題や良かった点、今後取得する際のアドバイス等を掲載した社内報を配信した。
    男性のリアルな育休取得について掲載することにより、今後育休を取得したい職員もそうでない職員も具体的なイメージがわいた。少しでも取得したい職員の手助けになれば良いと感じている。

  • タカラ梱包輸送株式会社

    タカラ梱包輸送株式会社

    ・ストレスチェックの実施
    ・机上パーテーション、アルコール消毒、非接触型体温計の設置
    ・育児介護支援制度の理解促進
    ・社内会議をリモートに切り替え
    ・メンタルヘルス対策研修に参加

  • 株式会社 中部レキセイ

    株式会社 中部レキセイ

    中部レキセイでは、新型コロナウイルス感染防止対策として、玄関や応接室、事務所内各所に次亜塩素酸水を設置し、社員、お客様にも消毒のご協力をお願いしています。
    マスクの着用、共用部分の定期的な拭取りなど、感染対策に取り組んでいます。
    また、ワーク・ライフ・バランスの実現の為、ノー残業デーを実施しています。
    他にも出来ることを取り入れ、社員が安心して働きやすい職場になるよう取り組みをおこなっております。

  • 佐藤工業株式会社 名古屋支店

    佐藤工業株式会社 名古屋支店

    当事業所では、テレワーク・時差出勤制度を導入しているほか、毎週水曜日を「ノー残業デー」実施推進日と定め、社内イントラにて毎週周知するとともに、業務効率化と労働時間削減を促す働きかけを行なっています。

  • パナソニックエイジフリーショップ尾張小牧(株式会社五月商店)

    パナソニックエイジフリーショップ尾張小牧(株式会社五月商店)

    外回りは1エリア2人以上での担当となるよう体制を整備したことで、有給休暇が取得しやすくなり、結果80%を超える取得実績となりました。
    結婚を希望する従業員を支援するため、結婚支援事業として、結婚支援団体に登録、周知するとともに、福利厚生の一環として結婚祝金制度を導入しています。

  • 株式会社イヤマトータルブリッジサポート

    株式会社イヤマトータルブリッジサポート

    弊社では、毎月実施しておりますノー残業デー、各有給休暇取得促進、在宅勤務の実施を行っております。
    社内環境向上のため、非接触型体温計測機・アルコール消毒設置、各フロアの換気等の感染症予防対策を徹底しています。
    社内に社員が利用可能な酸素カプセルを導入し、心身ともに安心出来る社内環境を整えております。

  • リョーエイ株式会社

    リョーエイ株式会社

    ・多様で効率的な働き方への取組(ゆう活を実施)
    ・年次有給休暇の取得日数の向上及び所定外労働時間の削減を目標に掲げ、定期的な会議で確認を行い、従業員の意識を高めています。結果、年次有給休暇の全社平均取得日数は年間14.8日に、所定外労働時間も全社平均で月12時間となりました。
    ・マスクの着用とともに、手洗いや検温、アルコール消毒などの予防対策を周知し、「新しい生活様式」を踏まえた職場環境整備を行っています。また、コロナウイルスのワクチン接種のために特別休暇を設け、社員がワクチン接種を受けやすい体制を整えています。

  • パナソニックエイジフリーショップ尾張小牧(株式会社五月商店)

    パナソニックエイジフリーショップ尾張小牧(株式会社五月商店)

    ・H30年以降、年休取得率を70%以上及び所定外労働時間を20h/月以下の目標を掲げ、全社員で取り組めるように定期的な会議で常に発信し従業員の意識を高めています。岐阜労働局における「新・はつらつ職場づくり宣言」を社内、社外に宣言し、取り組みを本格化させました。宣言の前後として1-6月、7-12月の比較で、アシスタントは、64.1%から104.3%に、営業が28.3%から69.5%の年休取得率になり、会社の雰囲気が変わったことを感じ、今後も推し進めます。
    ・H29年以降、社内公募制度、「Kチヤレ100」を実施し、「時間短縮」の申請項目を設け社内に広く、効率の良い勤務のための工夫を募集し、社内に展開しています。

  • 一宮工業株式会社

    一宮工業株式会社

    ポスターの社内掲示により制度の周知を図ったり、育児休暇の対象となる男性社員に個人面談を実施し制度の説明を行ったりすることにより、男性社員の育児休暇取得を促進。
    本年、8月に子供が生まれた1名の男性社員は9/1現在育児休暇を取得中。10月に生まれる予定の男性社員も育児休暇取得を予定。

  • 株式会社tendre

    株式会社tendre

    社員が、自分の子供や親、または配偶者の髪のケアを、社内で施術できるように、1親等まで施術代を無料にしています。
    また、子育て中の社員からの要望を受け、有給休暇を1時間単位で取得可能にしています。有給休暇を管理する係を置いたり、社員への声掛けを実施したりすることで、現在、有給休暇の取得率は100%を達成しています。

  • 株式会社伊藤建設工業

    株式会社伊藤建設工業

    ○仕事と育児・介護との両立支援のため、「育児介護休業規程」を法定を上回る内容に改訂。
    ・育児休業の取得対象者:子が3歳まで
    ・子の看護休暇の対象者:子が小学校2年生に達するまで
    ・時間外・深夜業の制限の対象者:子が小学校2年生の年度末まで
    ○育児・介護等で離職した人の復帰支援のため、一定の要件を満たす希望者を再雇用する「育児・介護退職者等再雇用規定」を制定。
    ○ワークライフバランスに関するアンケートを実施。

  • 株式会社福祉の里

    株式会社福祉の里

    全社員の90%以上が女性の弊社では、働くお母さんを応援する夏休み特別企画として『子供キャンプ』『親子日帰り旅行』『お母さんの職場体験』を行っています。子供キャンプ、親子旅行は10年前から実施。延べ746人の子供たちが参加しました。お母さんが働いている長期休みの間も留守番をしてくれている子供たちへ、会社から感謝と応援の気持ちを込めて開催し、大変人気の企画となっています。

  • 東郷町役場

    東郷町役場

    ・多様で効率的な働き方への取組(ゆう活を実施)
    ・有給休暇取得促進(昨年度より1日多く有給休暇を取得するように努める)
    ・マスクの着用とともに、手洗いやアルコール消毒などの予防対策を徹底し、「新しい生活様式」を踏まえた職場環境整備を行う
    ・育児・介護支援制度の理解促進
    ・ストレスチェックの実施

  • 名古屋総合システム株式会社

    名古屋総合システム株式会社

    名古屋総合システムでは、職場環境設備として、玄関や応接室含めた本社の各所にアルコール消毒液を設置し、社員のみならず来社されたお客様にもアルコール消毒のご協力をお願いしています。また3密(密集・密接・密閉)回避策として、窓の開閉に比べて換気量が良いロスナイ換気を行っています。大勢参加する会議は積極的にリモート会議に切り替え、また会議時間を可能な限り短縮して実施するように取り組んでいます。

  • 瀬戸信用金庫

    瀬戸信用金庫

    職員の「心身のリフレッシュ」、「自己啓発の促進」及び「ワークライフバランスの実現」を目的として、「結婚記念日」又は「誕生日」を含む2連続営業日休暇を取得できるようにしています。
    ただし、「結婚記念日・誕生日」が休日、業務上支障がある日の場合は、前後1ヵ月以内を目途に休暇を取得できるよう柔軟な対応をしています。

  • 一般財団法人近畿健康管理センター 名古屋事業部

    一般財団法人近畿健康管理センター 名古屋事業部

    例年とおり毎月のノー残業デー設定や連続日程での年休取得促進に取り組み、社内のデジタルサイネージにて活動の周知を図っています。
    また本年は「新しい生活様式」を踏まえた職場環境整備として、事務所内には複数個所への手指消毒液の配置、机上にはアクリルパーテーションを設置しました。パーテーションは現状のレイアウトに適合した形状として社内で設計、組立を行い、安全安心なオフィスを実現しております。

  • 三菱UFJ銀行 東海公務部

    三菱UFJ銀行 東海公務部

    弊行では、例年同様、ノー残業デーの設定や有給休暇の取得促進、育児・介護との両立支援だけでなく、お客様と従業員の新型コロナウイルス感染防止対策を徹底し、withコロナを前提とした働き方の定着に尽力しております。例えば、時差出勤・在宅勤務の導入、マスク・フェイスシールドの着用、ビル入口でのサーマルカメラによる自動検温、執務室や食堂にパーテーションを設置する等、新しい生活様式を踏まえた職場環境の整備にも取り組んでいます。

  • 株式会社システムリサーチ

    株式会社システムリサーチ

    当社では2015年度から「GOOD JOB CHALLENGE(グッド ジョブ チャレンジ)」と銘打って、全社を挙げて働き方改革に取り組んでいます。
    その取り組みも今年で5年目を迎えており、室内、階段踊り場など従業員の目に付く各所にポスターを掲示しています。取り組み実績が最も優秀であった部門(最優秀部門)には研修費用等のインセンティブを出すなど、その効果は顕著に表れています。

  • 株式会社山田組

    株式会社山田組

    当社の施工管理職(現場監督職)は、日中現場に常駐する必要があるため、書類作成等の業務は定時後の残業により行うことが常態化していました。そこで、本年度から現場業務の書類作成を専門とする事務職員を本社にて雇用し、また「どこでもキャビネット」等のデータ共有サービスを活用して現場書類の一部を本社で作成できるようにしたことで、一部ですが残業時間を減らすことができました。

  • NTTコム マーケティング株式会社 東海営業所

    NTTコム マーケティング株式会社 東海営業所

    ワーク・ライフ・バランス、働き方改革推進のため、以下の取組を実施しています。

    • ・20時退社を意識した働き方改革を推進しています。(年間を通して)
    • ・8月と11月を定時退社推進月間としています。
    • ・水曜日と金曜日をノー残業デーとしています。
    • ・年次有給休暇の完全取得を目指します。
    • ・有給休暇を休日の間の出勤日に取得することで、長期休暇の取得に取り組みます。(ブリッジ休暇)

  • 株式会社イヤマトータルブリッジサポート

    株式会社イヤマトータルブリッジサポート

    • ・毎月1日はノー残業デーを実施しています。
    • ・昨年度から、6月にプレミアムフライデーに取り組んでいます。(月1回15時退社)
    • ・仕事とプライベートの両立を目指して、女性社員が中心となり、ワークバランス推進委員活動として、各種ハラスメントに対するメンタルケア等を行っています。

  • 豊橋ケーブルネットワーク株式会社

    豊橋ケーブルネットワーク株式会社

    プレミアムフライデーは「月の最終金曜日」ということで、月末は何かと業務が忙しくなりがち。そこでわたくし達は「毎月第3金曜日」にノー残業デーを設定しています。
    また、毎週水曜日には「20時消灯day」と題して、20時までには全従業員が帰社できるよう、各部で声を掛けあって取り組み、現在は「毎日20時消灯の徹底」に挑戦しています!

  • 国立大学法人名古屋工業大学

    国立大学法人名古屋工業大学

    名古屋工業大学は、ダイバーシティ推進を、より具体的、実践的な行動指針として示すため、平成30年5月30日に、県内大学に先駆け「名古屋工業大学イクボス宣言」を行いました。
    教職員のワークライフバランスに考慮した働きやすい環境を促進することにより、イノベーション創出に繋げるとともに、教育機関である大学の使命として、イクボスの精神を学生への教育に反映させ、ひいては産業界、地域へと拡げていきます。

  • 株式会社千代田

    株式会社千代田

    • ・社内にPOPを設置し、11月21日(水)定時退社を全社で取り組みます。
    • ・11月中で、21日(水)以外の日に事前に各自申請、定時退社に取り組みます。
    • ・常に年次有給休暇の取得促進に取り組んでいます。
    • ・育児、介護、在宅等の多様な働き方を全員で応援しています。

  • 社会福祉法人 ひまわり福祉会

    社会福祉法人 ひまわり福祉会

    「あいちワークライフバランス推進運動」に昨年初めて参加させていただき、今年で2年目です。
    昨年度の参加を契機に、職員のワークライフバランスに取り組むようになり、今年度から「毎月第3木曜日をノー残業デー」にしました。小さな一歩ですが、確実に働きやすい職場になっていると思います。
    「あいちワークライフバランス推進運動2018」の独自のポスターを作成し、職員に周知し推進していきます。

  • 株式会社リビング春日井

    株式会社リビング春日井

    昨年は、社外から、講師を招いて、ワークライフバランスのセミナーを開催しました。
    社内で毎週木曜日を『早く帰ろうデー!』とし、朝礼での呼びかけ、また、ポスターを貼っていつもより、1分、1秒でも早く帰れるよう、社内に周知しています。

  • 株式会社エディット

    株式会社エディット

    推進運動2018のチラシとノー残業デーのポップを作り掲示。衛生委員会でも議題に取り上げ全員に告知をしました。

  • 株式会社マルワ

    株式会社マルワ

    当社ではCSR活動を通して、ステークホルダーに対して優しい社会の実現を目指し、同様に従業員に対しても、働きやすい環境整備を目指しています。
    また、毎週月曜日のノー残業デーが定着し、育児休業制度は男性社員の取得実績もあります。その他、メンタルヘルス対策として、年間2回の社長面談を正社員とパート社員を対象に実施しています。
    これらの取組から、えるぼし認定等の第3者認証をいただいています。

  • 須藤建設工業株式会社

    須藤建設工業株式会社

    ワーク・ライフ・バランスの推進にかかる取組

    • ・11月15日(木)に定時退社に取り組みます。
    • ・毎月15日に「ノー残業デー」を設定し、定時退社に取り組んでいます。
      (土、日曜の場合は前日の金曜日13日又は14日)
    • ・年次有給休暇の計画的付与制度(年間4日)を実施し、取得促進に取り組んでいます。
    • ・育児や介護との両立の為、社内制度を整備しています。
    • ・メンタルヘルスケアに関する研修会に参加し、知識を深めています。

  • 株式会社エデックリンセイシステム

    株式会社エデックリンセイシステム

    毎月、ノー残業デー、有給休暇取得啓発のポスターを、社員の子供から募ったイラストコンテストの作品の中から抜粋して、掲示をしています。少なくとも、自分の子供のイラストが掲示されれば、帰りますよね。