• 企業の方専用ページ
  • 働く方専用ページ
  • 就職活動中の方専用ページ
  • ワーク・ライフ・バランスとは?
  • ファミリーフレンドリー企業検索
  • 企業の好事例
  • ファミリーフレンドリー企業登録
  • Q&A
  • 資料ダウンロード
  • リンク集
  1. トップページ
  2. ファミリーフレンドリー企業検索
  3. 企業紹介

日本電気株式会社(東海支社)

社名カナ
ニッポンデンキ
所在地
〒460-8525 名古屋市中区錦一丁目17-1NEC中部ビル
電話
052-222-2221
URL
http://jpn.nec.com/index.html
業種
情報通信業
労働者数
24087名(男性:19612名 女性:4475名)
業務内容
有線機器・無線機器・伝送機器・宇宙開発機器・電波応用機器・電子応用機器・放送機器・制御機器・データ通信機器・コンピュータ・電子管・受像管・集積回路・半導体・回路部品等の製造販売、情報通信サービスの提供

取組状況

当社の取組計画

  • Get Adobe Reader
  • PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

取組期間

平成27年04月01日から平成29年03月31日まで

各種支援制度

当社制度のセールスポイント

当社では従業員が性別を問わず利用可能な仕事と育児や介護との両立を支援するための諸制度の充実をはかっています。法制化以前から育児・介護休職制度を導入し、2005年度からは次世代育成支援対策推進法に基づいた諸施策を実行しています。具体的には2005年に(1)自治体の子育てサービス利用する従業員への利用料補助、(2)子育てのために転居費用補助の制度を導入し、2012年には利用者拡大のために制度利用要件を一部緩和しました。また高齢者人口および要介護・要支援認定者が年々増加しているなかで親世代の介護が重要になるため、仕事と介護を両立させる自助努力の支援を目的として介護支援事業の拡充に取り組んでいます。具体的には、(1)従業員が親を同居または近距離で介護するため転居した場合の「介護転居費用補助」、(2)要介護度の高い親の介護方法の見直しに伴い住宅改修や介護施設入居などにより従業員が多額の負担をした場合の「介護環境整備支援金」、(3)介護者の孤立感・焦燥感の軽減を行うことを目的として介護関係のきめ細かい情報提供と生の声の共有を柱としたポータルサイトとして「介護支援ウェブサイト」を開設しています。

子育て支援制度

育児休業 1歳以上2歳未満
子の看護休暇
対象年齢
子が小学校就学前まで(法定どおり)
子の看護休暇
取得日数
その他
小学校就学前の子の傷病の看護、家族の介護または配偶者の出産の理由により、ファミリーフレンドリー休暇(有給休暇で年5日付与、未取得分は最大20日まで積立可)の取得が可能。ファミリーフレンドリー休暇の保有残日数がない場合に、当該子の人数に5を乗じた日数(ただし、小学校就学前の子の傷病の看護または疾病予防のためにファミリーフレンドリー休暇を取得した日数を減じる)を上限として子の看護休暇を取得することができる。
子の看護休暇
取得単位
半日単位の利用(法定どおり)
所定労働時間の短縮措置(育児短時間勤務制度) その他
子が小学校6年生の学年末まで
所定外労働の制限(残業の免除) 子が3歳未満まで(法定どおり)
時間外労働・深夜業の制限 小学校就学の始期に達するまで(法定どおり)
フレックスタイム制度 あり
就業時間の
繰り上げ・繰り下げ制度
あり
出産・育児退職者再雇用制度 あり
配偶者出産休暇制度 あり
その他の制度 ■ペアレントファンド:子供一人につき55万円支給(支給条件:引続き1年以上継続して勤務する予定である者)

■ファミリーサポートファンド:扶養家族のうち以下に定める家族を有する社員に対しサポートファンドを月額支給
1)満60歳以上または満18歳未満の直系血族(養子縁組により法定血族関係を生じた者を含む。)および継親子関係にある者⇒5,000円(ただし、配偶者がいない場合の第一子については、20,000円とする。)
(2)寡婦である母⇒5,000円
(3)満18歳未満の弟妹⇒5,000円
(4)重度障害者で2親等内の者⇒20,000円

介護支援制度

介護休業
取得期間
351~364日
介護休業
申出の回数
対象家族1人につき3回まで(法定どおり)
介護休暇
取得日数
その他
小学校就学前の子の傷病の看護、家族の介護または配偶者の出産の理由により、ファミリーフレンドリー休暇(有給休暇で年5日付与、未取得分は最大20日まで積立可)の取得が可能。ファミリーフレンドリー休暇の保有残日数がない場合に、被介護者の人数に5を乗じた日数(ただし、介護のためにファミリーフレンドリー休暇を取得した日数を減じる)を上限として介護休暇を取得することができる。
介護休暇
取得単位
半日単位の利用(法定どおり)
所定労働時間を短縮する制度(介護短時間勤務制度) あり

■利用期間 利用開始から3年間(法定3年以上)

■利用回数 2回(法定2回以上)
フレックスタイム制度 あり

■利用期間 利用開始から3年間(法定3年以上)

■利用回数 2回(法定2回以上)
始業・終業時刻の繰上げ・繰下げ あり

■利用期間 利用開始から3年間(法定3年以上)

■利用回数 2回(法定2回以上)
介護費用等の助成 あり

■利用期間 利用開始から3年間(法定3年以上)

■利用回数 2回(法定2回以上)
所定外労働の制限(残業の免除) あり
時間外労働・深夜業の制限 あり
介護退職者再雇用制度 あり
その他の制度 ■在宅勤務
在宅勤務が可能な職場に在籍する役割グレード制適用者及びA職群1、2級の社員のうち、自律的な勤務が可能な者として上司および事業部長が認めた者を対象に、会社が必要と認めた期間在宅勤務可能。

その他の支援制度

在宅勤務制度 あり
退職者再雇用制度 あり
育児・介護以外の
独自の休暇制度
■ファミリーフレンドリー休暇:以下の目的のために取得することができる(年5日付与。未使用分は繰越可能だが、最大20日まで)。
<医療・看護、配偶者の出産、疾病予防、家族の介護、学校行事等、ボランティア>
■結婚休暇
■リフレッシュ休暇(30歳、40歳、50歳到達時にそれぞれ5日、7日、10日付与)

WLBの取組詳細