• 企業の方専用ページ
  • 働く方専用ページ
  • 就職活動中の方専用ページ
  • ワーク・ライフ・バランスとは?
  • ファミリーフレンドリー企業検索
  • 企業の好事例
  • ファミリーフレンドリー企業登録
  • Q&A
  • 資料ダウンロード
  • リンク集
  1. トップページ
  2. ファミリーフレンドリー企業検索
  3. 企業紹介

社会福祉法人觀寿々会

ファミリーフレンドリー H21年度受賞企業 特集ページ
社名カナ
ミスズカイ
所在地
〒465-0041 名古屋市名東区朝日が丘75-5
電話
052-776-5592
業種
医療,福祉
労働者数
342名(男性:112名 女性:230名)
業務内容
 平成元年、社会福祉法人觀寿々会を設立し、同年、豊田市藤岡町に知的障害者通所更生施設を開設。
以後、刈谷市及び安城市内に知的障害者施設9施設12事業、特別養護老人ホーム3施設12事業及びケアハウス1施設及び名古屋市内に認知症グループホーム1施設を運営し、平成30年4月に知的障害者のグループホームを開設予定。障がいを持つ人や高齢者などを対象に、より尊厳ある生活を援助する社会福祉事業を行っています。

取組状況

当社の取組計画

  • Get Adobe Reader
  • PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

取組期間

平成27年01月01日から平成29年12月31日まで

各種支援制度

当社制度のセールスポイント

 平成19年より仕事と家庭との両立しやすい職場づくりのため、育児・介護休業規程等の管理者及び職員への周知徹底をはじめ、ノー残業デーの導入。また、制度面では育児・介護休業規程の対象年齢を小学校第3学年修了までの子を対象とし、短時間労働の拡大、子の看護休暇・介護休暇については対象者を1人につきとし、時間単位の取得も可能にしました。このような制度改正等により男性の育児休業取得者や短時間労働の取得者も増えています。
 今後も職場全体で男性の育児参加を積極的に進めるなど、仕事と子育てを両立できる職場環境の改善をはじめ、職員の定着や意欲の向上等、多様化するライフスタイルを踏まえ、ワーク・ライフ・バランスの実現できるような職場環境の整備を今後とも一層進めてまいります。

子育て支援制度

育児休業 1歳未満まで(法定どおり)
子の看護休暇
対象年齢
子が小学校3年生の年度末まで
子の看護休暇
取得日数
1年につき5日、対象の子が2人以上の場合は年10日(法定どおり)
当該子1人につき5日まで取得可(人数制限なし)
子の看護休暇
取得単位
法を上回る
半日単位又は時間単位で取得可能
所定労働時間の短縮措置(育児短時間勤務制度) 子が小学校3年生の年度末まで
所定労働時間の短縮措置(育児短時間勤務制度)
対象年齢以外の支援制度
対象者は、就業時間の繰り上げ・繰り下げ制度あり
所定外労働の制限(残業の免除) 子が小学校3年生の年度末まで
時間外労働・深夜業の制限 子が小学校3年生の年度末まで
配偶者出産休暇制度 あり (有給)

介護支援制度

介護休業
取得期間
93日(法定どおり)
介護休業
申出の回数
対象家族1人につき3回まで(法定どおり)
介護休暇
取得日数
1年につき5日、対象家族が2人以上の場合は年10日(法定どおり)
当該家族1人につき5日(人数制限なし)
介護休暇
取得単位
法を上回る
半日単位又は時間単位の取得可能
所定労働時間を短縮する制度(介護短時間勤務制度) あり

■利用期間 利用開始から3年間(法定3年以上)

■利用回数 2回(法定2回以上)
所定外労働の制限(残業の免除) あり
時間外労働・深夜業の制限 あり
その他の制度 ・短時間勤務の場合は、始業・終業時刻の繰り上げ・繰り下げ制度あり

その他の支援制度

育児・介護以外の事由による
短時間勤務制度
あり
正規・非正規雇用転換制度 あり
所定外労働時間の削減への取組 あり
その他の制度 ・非常勤職員の昇級昇格制度
・見舞金、弔慰金制度(勤続3年以上の正規職員に対する入院見舞金、死亡弔慰金制度)
・任意業務災害保険加入(1日通院3,000円、1日入院5,000円)
・アニバーサリー休暇

WLBの取組詳細

仕事と生活の調和推進に対する姿勢のイラスト
仕事と生活の調和推進に対する姿勢
  • WLB推進の方針、メッセージの社員への周知
    ・ワーク・ライフ・バランスに関する管理職研修を定期的に実施関する研修会への積極的な参加促進
  • WLBの目的や社員を支援する制度について、管理職への理解促進、周知
  • WLBの目的や社員を支援する制度について、社員への理解促進、周知
  • その他の取組
    ・見舞金弔慰金制度
     (勤務3年以上の職員に対する入院見舞金1日3,000円、死亡弔慰金200万円)
    ・任意業務災害保険加入(1日通院3,000円、1日入院5,000円、死亡時500万円)
労働時間低減のための取組のイラスト
労働時間低減のための取組
  • 残業時間短縮のための取組
    ・ノー残業デーについては、平成19年に月1回からスタート、現在週1回実施
  • 有給休暇取得の促進
    ・各部署毎の有給休暇の計画取得ついては、一部実施
  • その他の取組
    ・アニバーサリー休暇制度導入
子育て支援の取組のイラスト
子育て支援の取組
  • 男性の育児休業取得の実績
  • 復帰後の支援制度(短時間勤務等)について、管理職や社員への周知徹底
  • 育児休業等の利用者が出た場合、人の補充に配慮を実施
  • ①子育てに関する取組で、制度利用の促進のために行っている取組
    ・子育て中の社員についても始業・就業時刻の変更可能
    ・子の看護休暇については、該当子全員に1年につき5日取得可能
    ・小学校第3学年修了まで利用可能な育児休業制度
    ・短時間勤務の始業・就業時刻の繰り上げ・繰り下げ
  • ②子育てに参加する男性社員を応援するために行っている取組
    ・男性社員の育児休業取得に対する理解及び周知
    ・子の看護休暇は時間単位の取得可能
介護支援の取組のイラスト
介護支援の取組
  • 介護休業取得の実績
  • 復帰後の支援制度(短時間勤務等)について、管理職や社員への周知徹底
  • その他の取組
    ・介護休暇は、時間単位で取得可能
心の健康向上のための取組のイラスト
心の健康向上のための取組
  • メンタルヘルス予防策の実施
    ・メンタルヘルスに関する研修会への参加促進
その他、社員や家族を大切にするための取組のイラスト
その他、社員や家族を大切にするための取組
  • 半日単位又は時間単位の休暇制度(年次有給休暇/特別休暇)
  • その他の取組
    再雇用、勤務時間・勤務地について制度としてはありませんが、随時事例が出た場合は対応しております。