• 企業の方専用ページ
  • 働く方専用ページ
  • 就職活動中の方専用ページ
  • ワーク・ライフ・バランスとは?
  • ファミリーフレンドリー企業検索
  • 企業の好事例
  • ファミリーフレンドリー企業登録
  • Q&A
  • 資料ダウンロード
  • リンク集
  1. トップページ
  2. ファミリーフレンドリー企業検索
  3. 企業紹介

株式会社キャッチネットワーク

ファミリーフレンドリー H30年度受賞企業 特集ページ
社名カナ
キャッチネットワーク
所在地
〒448-0803 刈谷市野田町大ヒゴ1番地
電話
0566-27-2112
URL
http://www.katch.co.jp/
業種
情報通信業
労働者数
184名(男性:125名 女性:59名)
業務内容
愛知県刈谷市安城市高浜市知立市碧南市西尾市の6市をエリアとする
地元密着のケーブルテレビ会社です。
【事業内容】
・有線テレビジョン放送事業
・電気通信事業
・イベント事業

取組状況

当社の取組計画

  • Get Adobe Reader
  • PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

取組期間

平成30年03月25日から令和2年03月24日まで

各種支援制度

当社制度のセールスポイント

『社員が男女の別なく定年まで成長し続け、活躍し続ける』を目指し
ワークライフバランスの充実を意識・しくみ・ツールの3つの側面から
全社で取り組んでいます。

子育て支援制度

育児休業 1歳以上2歳未満
子の看護休暇
対象年齢
その他
法定通りの看護休暇と合わせ、思いやり休暇(未消化有給休暇20日間)は年齢に関係なく看護休暇が取れます
子の看護休暇
取得日数
16日~20日
思いやり休暇(有給休暇未消化分)は20日まで有給で看護休暇が取れます
子の看護休暇
取得単位
半日単位の利用(法定どおり)
子の看護休暇
対象年齢、取得日数、有給以外の支援制度
思いやり休暇(未消化有給休暇20日間)は有給
所定労働時間の短縮措置(育児短時間勤務制度) 子が小学校就学前まで
所定労働時間の短縮措置(育児短時間勤務制度)
対象年齢以外の支援制度
テレワーク制度との併用可能
所定外労働の制限(残業の免除) 子が3歳未満まで(法定どおり)
所定外労働の制限(残業の免除)
対象年齢以外の支援制度
育児短時間勤務と併用可能
時間外労働・深夜業の制限 小学校就学の始期に達するまで(法定どおり)
フレックスタイム制度 あり
就業時間の
繰り上げ・繰り下げ制度
あり
配偶者出産休暇制度 あり (有給)
その他の制度 ・思いやり休暇(従業員の家族が暦日7日以上の育児・看護・介護を要するときは、未消化有給休暇(最大20日間)を思いやり休暇として有給で取得できる)
・育児と仕事の両立支援ガイドを作成し、当事者と上司及び同僚の制度
理解と助け合いの意識を深めるよう働きかけている。
・育休者の希望者には、ipadとWiFiルーターを支給し、会社の情報が閲覧
 できる環境とし、スムーズな職場復帰を図れるようにしている
・育休復帰者が抱く家庭と仕事の両立への不安解消と今後のキャリア形成に
 ついての再考をしてもらう為、育児休業復帰前研修(eラーニング)と復帰後
 研修(公開セミナー)を実施
 尚、復帰前研修は自宅でスマホ受講のため、育児のスキマ時間で受講
できる研修としている。

介護支援制度

介護休業
取得期間
93日(法定どおり)
介護休業
申出の回数
対象家族1人につき3回まで(法定どおり)
介護休暇
取得日数
1年につき5日、対象家族が2人以上の場合は年10日(法定どおり)
介護休暇
取得単位
半日単位の利用(法定どおり)
所定労働時間を短縮する制度(介護短時間勤務制度) あり

■利用期間 利用開始から3年間(法定3年以上)

■利用回数 2回(法定2回以上)
フレックスタイム制度 あり

■利用期間 4年間を超える

■利用回数 2回(法定2回以上)
始業・終業時刻の繰上げ・繰下げ あり

■利用期間 その他
随時可能

■利用回数 その他
フレックスの利用で随時繰下げ可能
所定外労働の制限(残業の免除) あり
時間外労働・深夜業の制限 あり
その他の制度 ・思いやり休暇(従業員の家族が暦日7日以上の育児・看護・介護を要するときは、未消化有休休暇(最大20日間)を思いやり休暇として有給で取得できる)
・当事者と上司及び同僚の制度理解と助け合いの意識を深めるよう
 働きかけている。

その他の支援制度

在宅勤務制度 あり
正規・非正規雇用転換制度 あり
育児・介護以外の
独自の休暇制度
思いやり休暇は、本人の傷病時、家族の看護時にも使用可能
その他の制度 WLB推進の取り組みとして
1.意識の改革
 ①WLBセミナーの実施
 ②キャリアデザインシート・キャリア面談の実施
 ③ローテーションの活性化
 ④男性社員の育休取得推進
2.仕組み(人事制度・人材育成制度)
 ①能力と業績に基づく評価・賃金制度の導入
 ②フレックス制度の活用
 ③ノー残業デーの設定
 ④自己研鑽の支援
   ・通信教育受講料100%補助
 ⑤健康増進の支援
   ・エリア行政主催スポーツイベント・大会への参加費100%補助
 ⑥日経テスト受講料100%補助
3.ツールの充実
 ①勤務管理システム
 ②フリーアドレスの導入
   ・ノートPC・Wifi の貸与・VPNで会社サーバーに接続するシステム導入
 ③テレワークの導入(総務省テレワーク先駆者百選に認定)
4.その他全社取組み事項
 ①残業時間削減への取組み
   ・各課にて業務改善の推進
   ・業務改善研修の実施
 ②有給休暇取得の促進
   ・年間目標設定・計画表作成・取得状況把握フォロー

WLBの取組詳細