• 企業の方専用ページ
  • 働く方専用ページ
  • 就職活動中の方専用ページ
  • ワーク・ライフ・バランスとは?
  • ファミリーフレンドリー企業検索
  • 企業の取組好事例
  • ファミリーフレンドリー企業登録
  • Q&A
  • 資料ダウンロード
  • リンク集
  1. トップページ
  2. ファミリー・フレンドリー企業 新規・更新登録・修正(目次)
  3. コンサルタントのご紹介

コンサルタントのご紹介

ワーク・ライフ・バランス普及コンサルタントを無料で利用できます!従業員数300人以下の県内企業の方は、ファミリー・フレンドリー企業への登録やワーク・ライフ・バランスの実現に向けた職場環境づくりのため、コンサルタント(社会保険労務士に委嘱)を無料で利用できます。
また、既に登録いただいている企業の方は更新手続の際にもご利用いただけます。

コンサルタントの業務内容

就業規則等の整備、一般事業主行動計画の策定・届出等の指導、企業内研修の講師など

お申し込み

派遣希望、ご質問等ありましたら、県労働福祉課又は企業の所在地を管轄する県民事務所産業労働課等にお問合せください。

「ワーク・ライフ・バランス普及コンサルタント派遣申込書(様式第2号)」
PDFダウンロード :PDFdispatch2.pdf [32KB]、 Wordダウンロード :WORDdispatch2.doc [40KB]

Get Adobe Reader
PDF書類をご覧になるために「Adobe Acrobat Reader」のプラグインソフトが必要となります。お持ちでない方はAdobe社から無料で配布されていますので、そちらからダウンロードして下さい。

担当コンサルタントのご紹介

  • 吉岡 規子(ヨシオカ ノリコ)
    事務所 : Beeパートナーズ社労士事務所
    所在地 : 名古屋市中区
    WLBについてのメッセージ : 家族に誇れる職場づくりをモットーに職場環境、職場意識の向上を目指すための一つとして、仕事と育児(3名)・介護(本人)が両立できる働き方を自らの事務所(小規模企業)で研究・活動中です。
    活動① : 愛知県ファミリー・フレンドリー企業登録活動
    活動② : 学生が子育てをしながら働くをイメージできるようインターンシップ受入をしました。
    介護に関しては、職場の人間関係だけでなく家庭の人間関係の大切さを感じます。また、介護に関する知識と情報が乏しいと、初動が遅れ、結果、仕事と両立できない期間を長くすることになります。
    活動③ : 日本の現在・未来、社会保障制度、社内の制度等を知る啓蒙活動が必須と感じ、転勤などが多い企業を中心に「仕事と介護の両立支援セミナー」を実施中。
    ワーク・ライフ・バランスを推進することは、働き方を改革し、理想的なコミュニケーションのあり方に繋がり、経営者にとっても社員にとっても働きがいのある職場を目指すことだと信じています。
  • 馬場 三紀子(ババ ミキコ)
    事務所 : 馬場社会保険労務士事務所
    所在地 : 名古屋市中区
    WLBについてのメッセージ : 社風に合った目標をかかげ、何よりもそこで働く労働者のモチベーションがUPすることが1番です。結果的にそれが労働者の能力を最大限に引き出し、会社の利益向上につながれば、その人的資源管理は企業にとっても労働者にとっても大成功といえます。そのためのお役に立ちたいと思っております。
  • 国分 紀子(コクブ ノリコ)
    事務所 : 国分労務事務所
    所在地 : 名古屋市名東区
    WLBについてのメッセージ : ワーク・ライフ・バランスというと、一部の事業主は、「なぜ、社員のプライベートにまで会社が配慮しなければならないのか、会社になんのメリットがあるのか」と言われます。
    会社が社員のことを真剣に考えている、大切に思っていることを社員にどのように伝わっていますか?社員は知っているのでしょうか?
    「夫にも子育てにかかわってほしい、もっと子育てにかかわりたい」
    「仕事は仕事、プライベートはプライベート」と考える社員が、ますます多くなっています。
    会社の施策が時代にマッチしていなければ、これからの会社を担う社員は、ソッポを向いてしまいますし、根付きません。形だけのワーク・ライフ・バランスではなく、真の運用ができるようなお手伝いをさせて頂きたいと思います。
    よろしくお願い致します。
  • 友野 健(トモノ ケン)
    事務所 : 友野労務行政事務所
    所在地 : 江南市
    WLBについてのメッセージ : 社員が元気で働ける会社が事業を継続して成長続けます。経営の三資源である「ヒト・モノ・カネ」のうち、「ヒト」を大切にすることが、成功につながります。
  • 永谷 律子(ナガヤ リツコ)
    事務所 : よつば労務管理事務所
    所在地 : 岡崎市
    WLBについてのメッセージ : 少子化の影響は、社員ひとり一人の生活に大きく関わる時代となって来ました。ここ数年で、時間に制約のある社員は確実に増加してきています。これからの時代は「誰もが活き活きと働き続けられる職場環境」こそが、企業の発展と成長に繫がります。 私は、「働くすべての人々の幸せの追求」を事務所の理念に掲げ、自身においても日々奮闘しながら、ワーク・ライフ・バランスに関する研究や活動に力を入れております。今やワーク・ライフ・バランスは企業戦略の時代です。ワーク・ライフ・バランスを進めていくと、
    ①職場に助け合いの風土が生まれます。
    ②多様な人材を生かすことで、新しい発想や考えが新たな商品を生み出します。
    ③チーム力が向上し業務の生産性が上がります。
    ④社員の定着率が上がります。
    ⑤優秀な人材が集まるようになります。
    ⑥社員の笑顔が増えます。
    社員の成長と幸せは、企業にとって、最も重要な要素です。
    企業規模や業種・業界によって、状況は異なりますが、どのような業界においても、働き方の見直しは可能です。ヒントは必ず職場にあります。そして、社員一人ひとりの意識改革も必要です。成果が出るまでには、時間を要しますが、結果はそれ以上のものが得られます。各社さまざまな課題がある中で、課題解決の糸口となれるよう、サポートさせて頂きたいと思います。
  • 髙津 直治(タカツ ナオジ)
    事務所 : たかつ経営労務事務所
    所在地 : 西尾市
    WLBについてのメッセージ : 対象企業の全体像を把握した上で、その企業に適した施策・制度をご提案するように心掛けています。
    経営者にとって最大の関心事は、生産性・業績の向上であって、それとWLBの推進をどう結びつけていくか、あるいは、人財確保戦略的観点からの重要性を認識することも必要と考えています。
  • 天野 初音(アマノ ハツネ)
    事務所 : 天野社会保険労務士事務所
    所在地 : 豊田市
    WLBについてのメッセージ : 人も時間も限られている中で、従来の働き方を見直し 仕事と私生活の充実を図ることで相乗効果を得られる。そんな新しい働き方を提案したり、皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。
    働きながら子育てしやすい環境作りはもちろん、これから切実な問題となる熟年労働者の介護問題への早急なる対策も合わせてライフワークバランスを考える上でのお手伝いができればと考えます。
  • 山下 明美(ヤマシタ アケミ)
    事務所 : 山下労務管理事務所
    所在地 : 豊橋市
    WLBについてのメッセージ : WLBとは、労働と生活のバランスの良い働き方と一般的にとらえているが、その延長線上に「業務革命、つまり生産性を上げること」を意味していると考えます。介護のため退職する人、女性の社会進出、労働力不足等、職場外の問題が働き方に影響を及ぼしています。働く人の「有限な時間資源」を、企業がどう活用していくかが必要です。 具体的には、
    ①企業が人材活用において社員のWLB支援に取り組む。
    ②WLB支援を活用しやすいよう両立支援を導入し、「時間制約」を前提とした人材マネジメントと働き方の整備、管理職の意識改革。
    ③女性の活躍の場を拡大していくこと。
    が必要ではないかと思います。
  • 高瀬 俊哉(タカセ シュンヤ)
    事務所 : 社会保険労務士 高瀬事務所
    所在地 : 豊橋市